So-net無料ブログ作成

戦艦大和と連合艦隊終焉の地の旅 ~呉編~ [軍艦]

尾道駅前を出発し、二日間だけの愛車シボレークルーズで一路西へ。国道2号をひたすら西へ。目指すは呉。

当初、時間がなければ高速道を使うことも想定していましたが、愛車シボレークルーズのナビで目的地を検索すると二時間程度でいけるとの指示でしたので、ドライブがてら下道で行くことにしました。

結果的にこちらが良かったと思います。というのが、その道の多くが海沿いの道だったからです。穏やかな瀬戸内海を横目に優雅な旅。天気はイマイチで時折大雨にも見舞われましたが、迷いようの無い一本道で非常に快適なドライブでした。海沿い道路のドライブっていいですね~ 瀬戸内に住んでいる方がうらやましくなりました(^○^)

途中、造船所がたくさんあり、いかにも瀬戸内らしい情緒をかもし出していました。海を行く船も思っていたより多く種類も様々で、普段船に縁の無い生活をしているとわからないのですが、おそらく瀬戸内に住む方々にとっては船の無い生活はありえないのでしょう。それほど普通にたくさんの船を見ることができました。

走ること二時間弱。混むようなこともなく、呉に到着。そう、ここは名にしおう軍港の街。長年来たいと思っていたところです。

まずは、戦艦大和を建造したドッグへ。市内をちょっと外れた「港の見える丘」という小さな公園からそれは見えます。

想像どおり、それはかなり大きなものでした。しっかり「大和のふるさと」と書かれているところがおもしろい。建造当時は、この横にシュロ縄で機密保持のために目隠しがされていたわけです。この横には大和が補修や改修を行ったドッグ、ちょっとさきには進水後に艤装を行った埠頭があります。ちなみに、この「港の見える丘」には、大和の慰霊碑があることも記しておきます。

さてここを後にし、今度は現役の自衛艦を見学に行きます。さすが軍港の街、近くで見れるんですね~

「アレイからすこじま」というその名の通り海沿いの小道があり、そこから潜水艦を間近に見ることができます。他にも戦時中のクレーンがあったり見所も随所に。問題は、駐車場からの距離がえらく遠いことですが・・・・・

さぁこれまで見て4時。この時間がまさに「策」だったわけですが、いよいよこの旅の第二の目的地「大和ミュージアム」へ!(つづく)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 2

おぉ、まだまだ続きますね(☆_-)
全然戦艦マニアじゃないですが舞鶴をバイクで通ったときに
自衛隊の戦艦を見て感動した覚えがありますねー。
戦争は反対ですが(笑)
by (2005-11-12 00:11) 

AURA

>tosshy-jさま いつもコメントをありがとうございます<(_ _)>
舞鶴ですか! あそこは呉、佐世保、横須賀と並ぶ一大軍港として有名ですね~ 一度僕もいってみたいと思います。
僕も戦争は反対ですが、メカとしての魅力が軍艦にはあります。研ぎ澄まされたものだけが持つ凄みですね。
by AURA (2005-11-13 16:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。