So-net無料ブログ作成

復活のホンダインサイト その2 ~これまでの情報まとめ等~ [クルマ・バイク]

231.jpg

パリショーで“インサイト コンセプト”が発表されて間もなく1ヵ月となる。色々な興味ある情報が出てきているが、見る写真はどれもワクワクするような美しいフォルムを現したものばかりである。ここで自分でも内容を整理したいところもあり、ここに判っている情報を纏めてみた。

041.jpg

サイズ:全長4,375mm 全高1,425mm 全幅1,695mm の5ナンバーサイズ

排気量:1300cc

タイヤサイズ:205/40 R18

乗員:5名

燃費:シビックハイブリッドと同等

値段:既存のハイブリッドより買いやすい値段かつノンハイブリッドとの価格差20万円以内

031.jpg

・・・というのが公式発表であるが、パリショーの後に各メディアが開発担当者に公式にインタビューして出てきた情報、およびホンダ公式サイト“Honda Green Machine”から出てきたのが下記の内容である。

・デザインはほぼこのままになる

・量産型を来年1月のデトロイトショーで発表

・ヘッドライトは常識的なものになる予定

・タイヤサイズとアルミホイールは常識的なものになる予定だが、アルミホイールはデザインはコンセプトモデルとは異なるもののこだわったものになる

・初代インサイトの流れを汲むクルマとして、軽量化と空力性能に徹底的にこだわった。500g以上のパーツは全て疑って軽量化の対象とした。また知恵だけで5kgの軽量化を行ったこともあったらしい

・テールライトは燃費への影響からLEDになる可能性が高い

・・・・という内容までである。

ではここで、公開されている写真から判ることを考察してみる。

071.jpg201.jpg

コンセプトモデル発表の前にアメリカ西部の砂漠地帯で撮影されたカムフラージュ車と異なる大きな部分の一つがテールゲート形状である。コンセプトではテールゲートがバンパーまで無段差で繋がる非常に美しい形状をしている。が、カムフラージュ車は一般的なクルマ同様バンパーとテールゲートには数センチの段差があるのである。願わくは、コンセプトのままでデビューして欲しいものである。

061.jpg

さてインテリアである。想像よりはかなり一般的な雰囲気がある。円形の部分は蓋を閉じることで風量をシャットアウトできるタイプのエアコン吹き出し口であろう。ドアライニングの形状にも直ぐにでも量産されるレベルの造形を感じる。

191.jpg

噂どおりのシビック譲りの“マルチプレックスメーター”である。デジタルスピードメーター周りがマットブラックになっているのはウィンドーへの写りこみ防止策であろうか。量産を意識したマテリアルである。メーター自体は液晶モニターとなっており、ショーモデルらしさが見られる。量産型では一般的なものになるであろうが、シビックのそれよりモーターアシストメーターが大きく取られているのが特徴か。

2011.jpg

特徴的なのはタコメーター左にあるこのスイッチである。左は自発光メーターの輝度調整ボタン、右下はキロ/マイル変換ボタンであろうか? 気になるのが右上の「i」ボタンである。当然これは「インフォメーション」のiのことであろう。インサイトの最初のプレスリリースに「エコ運転を支援する機能などの新技術も導入」とあったので、メーター内にそれらしいものが無い以上、メーター内に何らかの形で表示を出す以外はない。しかもこれまでにあるような燃費計、瞬間燃費計では「新技術」とは言えない。これが正に新技術の表示用ボタンと考えられないだろうか。

2311.jpg

内装を見てみると、既にコンセプトモデルのそれではない。グラブレール、シートベルトアジャスターといった市販車の装備がしっかりと見える。またリア中央席も三点式シートベルトであるようだ。

シートの材質は初代フィットが使用していたようなメッシュ地のものに見える。私自身も以前初代フィットに乗っていたのだが、このメッシュシートは通気性がよかった記憶がある。

また、リアシート背もたれはフォールダウン用のレバーが各写真から確認できる。シビックではここにあったバッテリーがラゲッジルーム下に移されたことから出来る利便性の高さの証明である。余談であるが、トノカバーも装備されている。

011.jpg

ところで、意外と知られていないようだが海外のホンダサイトでは、日本のサイトでは公開されていない関連動画も見ることができる。ここで見られるテストコース(鷹栖?)を走るインサイトコンセプトを見ると、実にスマートなそのフォルムがよく判る。これを見ると、やはりプ○ウスよりFCXクラリティに近いことが納得できる。

アメリカの公式サイト http://automobiles.honda.com/insight-hybrid/

このサイトで見たパリショーの動画に写っていたショーバックのモニターに書かれていたフランスのハイブリッド関連サイトを下のアドレスから見ることが出来る。が、フランス語はさっぱり判らない私にはイマイチ・・・

フランスのハイブリッド関連サイト http://www.hybridespourtous.com/

他にも、ホンダの海外用サイト“Honda Worldwide”にも専用サイトがある。

http://www.world.honda.com/INSIGHT/

あと日本では前述の“Honda Green Machine”にも未公開写真がある。

http://www.honda.co.jp/greenmachine/

211.jpg

一般的に、発売の2ヶ月も前になれば、かなり量産型の情報は伝わってくるものであるので、12月には詳しい情報が出てくるであろう。それも楽しみであるが、やはり多くの人が気になっているのは価格である。欲をかいて2の字を出したら失敗、1、それも7または8の字が出てくれば大ヒット間違いなしと思うがどうであろうか?

何にせよ、今から年明けのデトロイトショーが楽しみである。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 6

のりドム&みさドム

エコと言いつつも値段がエコではないと本当のエコにはならないですよね。
5ナンバーで2を切ったら都市圏ではヒットですよ!
by のりドム&みさドム (2008-10-28 22:35) 

AURA

皆様niceをありがとうございます<(_ _)>

>のりドム&みさドムさま
エコ○えとやらもそうですね。どうして買い替えがエコになるやら・・・
税金混みで1円でも2の字を切ったら嬉しいですね~ 
by AURA (2008-10-29 21:44) 

FOOTBALL-DREAMER

AURAさん
詳しい解説ありがとうございます。
新型インサイトがプリウスに似ているとの感想を多く見かけますが、どう見ても旧インサイトからの発展形にしか見えない私は変なのでしょうか?
新しい物好きの当方としては乗り換えモード全開!
商談可能ならすぐにでもお願いしたいくらいです(笑)

by FOOTBALL-DREAMER (2008-10-30 01:12) 

AURA

>FOOTBALL-DREAMERさま
コメント&niceを頂きありがとうございます。

私も第一印象からPと似ているという印象はもちませんでした。寸法や走行シーンを見るとその念はより強くなりました。クルマのことをよく知らない人には言わせておけば良いのではないかと思っています。

私も新し物好きですので、実物見たらやばいです(笑)

by AURA (2008-10-30 22:14) 

charme

我が家のモビリオは4年目なので、買換えに走る事はないと思いますけど、走りとメカニズム両面から興味あります

標準的なグレードでコミコミで230切れば及第点って所なんですかねぇ?
うちだったらナビ要りませんから、もっと安くあがるかも!?

by charme (2008-10-31 00:22) 

AURA

>charmeさま
うちもモビリオです(笑)
最早クルマに200万円以上払えるとは思えない私ですので、コミコミで190万台、というのは必須ですね~
by AURA (2008-11-01 00:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。